1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > アティカス、冒険と人生をくれた犬

書籍情報

ネット書店で購入する
【ウェブ立ち読み】


担当者ブログ
読者の声 受付

アティカス、冒険と人生をくれた犬

トム・ライアン 金原瑞人、井上里=訳

定価 ¥1800(本体)+税
発売日 2017年12月5日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7346-3 C0098
判型 四六判
ページ数 308ページ
ジャンル ノンフィクション   
在庫状況 在庫あり
野口健氏(アルピニスト)推薦! 〈ふたり〉は一緒に山に登って、かけがえのないパートナーになった

概要
アメリカ東部、ニューベリーポート。ひとりで新聞を発行する著者トムは、独身の太った中年男。ひょんなことから犬を飼い、念願の家族を得る。 ミニチュア・シュナウザーのアティカスとホワイト山地で登山をはじめると、ふたりともたちまち夢中になった。アティカスはトムを先導し、山頂で悠然と景色を堪能する。 山に通ううちに、辛かった過去と向き合い、疎遠だった父親との距離も少しずつ近づいてきた。 やがて友人のがんをきっかけにチャリティ登山に挑み、1200メートル以上の冬山、81峰登頂を成し遂げる。小型犬が危険な冬山に果敢に挑む姿は人々の感動を呼び、多くの寄付が集まった。ところが町に戻るとアティカスの様子がおかしくなる――。 アティカスのおかげでどんどん変わる人生。トムは次の一歩を踏み出した。

著者プロフィール
トム・ライアン(Tom Ryan)
マサチューセッツ州ニューベリーポートで、『アンダートード』紙を立ちあげ、10年以上編集発行に携わる。やがて新聞社を売却し、アティカスとともに、ニューハンプシャー州ホワイト山地へ引っ越す。自身のブログや新聞等でアティカスとの体験を執筆。2017年“Will’s Red Coat: The Story of One Old Dog Who Chose to Live Again”刊行。ブログ:http://tomandatticus.blogspot.jp/

金原瑞人(かねはら・みずと)
法政大学教授・翻訳家。1954年岡山市生まれ。児童書、ヤングアダルト小説からノンフィクションまで500点以上を翻訳。訳書に『不思議を売る男』(偕成社)、『豚の死なない日』(白水社)、『青空のむこう』(求龍堂)、『国のない男』(中公文庫)など。エッセイ、日本の古典の翻案、ブックガイドの監修、書評なども手がける。

井上 里(いのうえ・さと)
翻訳家。1986年、宮崎県生まれ。訳書に〈サバイバーズ〉シリーズ(小峰書店)、『わたしはイザベル』(岩波書店)、〈イザドラ・ムーン〉シリーズ(静山社)など多数。
■ 関連書籍