1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > 奇跡のスーパーマーケット

書籍情報

ネット書店で購入する
【ウェブ立ち読み】


担当者ブログ
読者の声 受付

奇跡のスーパーマーケット

ダニエル・コーシャン/グラント・ウェルカー ・著 太田美和子・訳

定価 ¥1800(本体)+税
発売日 2017年11月2日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7347-0 C0098
判型 四六判
ページ数 272ページ
ジャンル 社会   
在庫状況 在庫あり
概要
従業員、顧客、取引先が一つになって、解任されたCEOを取り戻し、愛する地元のスーパーと文化を守った奇跡の物語。

アメリカ北東部、ニューイングランド地方に展開するスーパー、マーケット・バスケット。 地元から最も愛されている店。扱う商品は、近隣のどのスーパーよりも安く、地元から積極的に従業員を雇用、取引業者とも大きな信頼関係を結び、地元の食材を大切にする。業績も上々。マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、メイン州に75店舗を展開し、約200万人が買い物をする。 CEOアーサー・Tは「企業は社会のためにある」と公言、「金より人が大切」と言い放っていた。そんな中、もっと配当金を多く手に入れたい「人より金」の株主の勢力が、アーサー・Tを解任に追い込んだ。 だが、マーケット・バスケットを愛する人々は泣き寝入りをしなかった。 前代未聞の抗議活動が始まる。アーサー・Tを復帰させるために、パートの従業員から店長、管理職が一致団結して抗議運動を行う。それに顧客や取引先まで加わって、大きな運動に広がった……。

目次
第1章 二人のアーサー
1 「こんな一家は見たことないはず」/ 2 スーパーマーケット革命の波に乗った/ 3 「若者よ、商売を学べ」

第2章 会社は誰のもの?
4 食料品より人々が優先/ 5 家族は血筋ではなく信頼からつくられる/ 6 「仕事はなんとしてもやり通せ」/ 7 「我々は普通じゃない」

第3章 数百万人の蜂起
8 あらかじめ計画された攻撃/ 9 すべてを賭ける/ 10 「封鎖しろ」/ 11 「リスクをとれ」/ 12 「がんばれ、マーケット・バスケット」/ 13 最後の一撃/ 14 人質/ 15 「皆さんが成し遂げたことに敬服します」

第4章 戦いすんで
16 これからの課題/ 17 教訓
著者プロフィール
ダニエル・コーシャン(Daniel Korschun)
ドレクセル大学マーケティング学部准教授。同大学企業批評マネジメントセンター研究員。『ジャーナル・オブ・マーケティング』『アカデミー・オブ・マネジメント・レビュー』など主要ビジネス専門誌に寄稿多数。

グラント・ウェルカー(Grant Welker)
マサチューセッツ州ローウェルの地元紙『ローウェル・サン』のジャーナリスト。『マーケット・バスケット』に関する100本を超える記事を執筆。

太田美和子(おおた みわこ)
カリフォルニア大学ロサンゼルス校卒。外資系銀行、通産省外郭団体、ブルーチップ総合研究所を経て2001年に独立。食品小売業を中心とした取材・執筆・講演・セミナー企画などの活動を行っている。
■ 関連書籍