1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > 生きて還る

書籍情報

ネット書店で購入する
【ウェブ立ち読み】


担当者ブログ
読者の声 受付

完全試合投手となった特攻帰還兵 武智文雄
生きて還る

小林信也・著

定価 ¥1,600(本体)+税
発売日 2017年10月5日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7344-9 C0095
判型 四六判
ページ数 224ページ
ジャンル スポーツ   
在庫状況 在庫あり
概要
戦後のプロ野球を彩った、知られざる名投手の生涯。もう一つの戦後史、プロ野球史がここにある。

「桜花」特攻隊から奇跡の生還を遂げた武智(旧姓・田中)文雄は、実業団・大日本土木を経て、新生・近鉄パールス契約第一号選手となる。昭和30年には、プロ野球史上二人目、パ・リーグ第一号の完全試合を達成。シーズン途中の理不尽なルール変更によるチーム消滅の危機には、大車輪の活躍で10ゲーム差を大逆転……。野球とは、「生きてホーム(家)に還る」スポーツ。「生きて還ってきた男」の痛快な野球人生を描く戦後史発掘ノンフィクション。

目次
序章 零戦で還って来た男
燃え上がる零戦

第一章 野球との出会いと決別
野球への思い/頑固な父に負けない智恵/夏の甲子園大会中止/野球以外の「生きる道」

第二章 桜花特攻隊
愚か者が乗る飛行機/死の海に怯える日々

第三章 愚連隊
ケンカに明け暮れる/運命の糸/第二の生命が誕生

第四章 自由を許す
近鉄の契約選手第一号/変則投手はふたりいらない/自由を取り戻す旅/この女性と所帯を持ちたい

第五章 完全試合
新婚一年目のジンクス/史上二人目の快挙/早く家に還りたい

第六章 幻の完全試合
生まれたときから親不孝

第七章 近鉄消滅の危機
永田ラッパの嵐が直撃/絶対に生き残ろう!

終章 文雄の還る家
野球からビジネスへ転進/成し遂げられなかった感/野球をやりたいという気持ち

あとがき
著者プロフィール
小林信也(こばやし・のぶや)
1956年、新潟県長岡市生まれ。長岡高時代はアンダースロー投手。雑誌『POPEYE』『Number』編集部を経てフリーランス。ノンフィフィクションやエッセイの執筆、単行本の企画構成を手がける。東京武蔵野シニア(中学硬式野球)監督。近著は『「野球」の真髄 なぜこのゲームに魅せられるのか』(集英社新書)。テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍中。
■ 関連書籍