1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > 深ぼり京都さんぽ

書籍情報

ネット書店で購入する
【ウェブ立ち読み】


担当者ブログ
読者の声 受付

深ぼり京都さんぽ

グレゴリ青山・著

定価 ¥1,000(本体)+税
発売日 2017年7月5日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7342-5 C0095
判型 A5判
ページ数 144ページ
ジャンル エッセイ/その他   
在庫状況 在庫あり
概要
みやこの奥まで連れてって! 京都観光にも役立つ、「京都人による京都発見本」

「京都人の京都知らず」――それは、生まれ育ったがゆえに京都が身近にありすぎて、その魅力をみすみす見逃している人のことを指す言葉(著者の造語)。たとえば「ふだん暮らしている京町家の奥に眠るあっと驚くお宝」や「ふと立ち寄ったカフェに見られる京情緒」などのありがたさを、著者も含めた京都人たちは気づいていない。そんな、京都に住む人も知らないような「みやこの魅力」を、漫画家グレゴリ青山が一風変わった「京都通」たちの案内でめぐる。ガイドブックとはひと味違った視点で京都を眺めるコミックエッセイ。

目次
はじめに《京都人の京都知らず》
第1章 京都人、京都を発見する
京女さんぽ①《東寺のナゾ》
コラム 弘法さんの日ぃ限定
京女さんぽ②《京都人のソウル》
京町家の奥①《表の顔は元商店》
京町家の奥②《京都人の京町家知らず》
京町家の奥③《蔵の中からお宝が!?》
コラム めくるめく京都三条会商店街
職人の街①《華麗なる二条城》
職人の街②《入場無料の職人世界》
職人の街③《錦の技》
コラム 米原有二さんオススメ京都の味
アナスタシアさんの京都①《ベラルーシ女性の“京都センサー”》
アナスタシアさんの京都② 《日本の美と手仕事の心》
コラム アナスタシアさんオススメ京都の味

第2章 京都人の“洛外”知らず
みずみずしい街《伏見水めぐり》
知られざる山科①《知らなくてゴメン》
知られざる山科②《山科愛と山科ハイ》
コラム 梅ちゃんオススメ山科の飲み屋さん

第3章 京都人の京さんぽ
下鴨納涼古本まつり《下鴨ジンジャー》
京都の日常街《ニュー千ブラ》

おわりに《掘れば掘るほど》
著者プロフィール
グレゴリ青山(ぐれごり・あおやま)
漫画家、イラストレーター。1966年、京都市生まれ。新撰組で有名な京都の壬生で生まれ育つ。26歳まで壬生で過ごしたのちに、東京都、和歌山県と移り住み、現在は京都府亀岡市在住。都会も田舎も楽しめる亀岡の暮らしを描いた『京都「トカイナカ」暮らし』(集英社インターナショナル)や、京都が舞台の少女漫画『薄幸日和』(小学館)、京都のガイドブック『ねうちもん京都』(KADOKAWA)など著書多数。
■ 関連書籍