1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > もか吉、ボランティア犬になる。

書籍情報

ネット書店で購入する
【ウェブ立ち読み】


担当者ブログ
読者の声 受付

家族の愛犬から、地域へ──
もか吉、ボランティア犬になる。

江川紹子・著

定価 ¥1,400(本体)+税
発売日 2015年12月15日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7311-1 C0095
判型 四六判
ページ数 136ページ
ジャンル ノンフィクション   
在庫状況 在庫あり
概要
この笑顔に癒やされる!

山犬の群れで生まれ、人嫌いだった子犬・もか吉が
人に寄り添う、ボランティア犬へと成長した4年間の軌跡。

ノンフィクション作家・江川紹子がつづる、和歌山発感動のドキュメンタリー!

もか吉の笑顔に癒やされる、カラー写真8ページ付き。
目次
第1章 側溝で保護した、子犬がやってきた
第2章 病気とのたたかいと、人嫌い
第3章 人に寄り添う、ボランティア犬に
第4章 動物愛護教室「わうくらす」でのふれ合い
第5章 それからも、山あり谷あり
第6章 地域に広がる様々な活動
第7章 家族の愛犬からみんなの愛犬へ
第8章 防犯パトロール犬隊が出発!
著者プロフィール
江川紹子(えがわ・しょうこ)
ノンフィクション作家。1958年8月4日東京都杉並区生まれ。1982年から1987年まで、神奈川新聞社会部記者として勤務。29歳で退社。以後フリーライターとして活動。1989年に坂本弁護士一家とその家族が行方不明になって以来、オウム真理教問題と関わる。近著「勇気ってなんだろう」他、次世代へのメッセージを発信し続けている。
「はじめに」より
もか吉は、盲導犬や聴導犬のように働く犬ではありません。
災害救助犬のように、特別な訓練をした犬というわけでもなさそうです。
かといって、家族だけのペットとは違います。
新しい動物と人との関わりが、そこから見えてくるような気がしました。
関連リンク
江川紹子ジャーナル
もか吉ゆったり日記
■ 関連書籍