1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > 日本人と漢字

書籍情報

ネット書店で購入する
【ウェブ立ち読み】


担当者ブログ
読者の声 受付

日本人と漢字

笹原宏之・著

定価 ¥1,100(本体)+税
発売日 2015年11月26日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7307-4 C0081
判型 四六判
ページ数 176ページ
ジャンル 語学/教育  知トレ 
概要
漢字は驚くべきスピードで変化している!

中国から輸入した漢字を、日本人はその繊細さと情緒の豊かさで、独自のものに変えてきた。中国では漢字の音が重視されたが、日本人は形や意味も尊重し、中国とは異なる漢字文化をつくりあげた。本書では、漢字の変化の歴史を追い、一つひとつの漢字には文化や民族、時代の変遷まで内包されていることを紹介する。

日本唯一の「漢字博士」で、「JIS漢字」「人名用漢字」「常用漢字」の改正にも携わる著者が、硬直した漢字に対するイメージを解きほぐす!
目次
第一章 変化し続ける漢字
第二章 中国での漢字の誕生と変遷
第三章 日本の漢字の変化と多様性
第四章 日本人による漢字への思い入れと手入れ
著者プロフィール
笹原宏之(ささはら・ひろゆき)
早稲田大学大学院教授。博士(文学)。東京生まれ。日本語と漢字について古代文字からギャル文字まで研究する。早大大学院を退学後、国立国語研究所主任研究官などを務めた。文部科学省の「常用漢字」、法務省の「人名用漢字」などの制定に携わり、NHK用語委員会の委員も務める。著書に『日本の漢字』(岩波新書)『漢字の歴史』(ちくまプリマー新書)『当て字・当て読み 漢字表現辞典』(三省堂)、共編に『新明解国語辞典』第七版(同)などがあり、『国字の位相と展開』(同)により金田一京助博士記念賞を受賞。
例えば...
●「海老フライ」と「蛯フライ」、どちらがしっくりくる?
●「民」という漢字は、奴隷をあらわしていた?
●ドナー(donor)と旦那は、サンスクリット語(ダーナ)が共通の語源だった。
●「卵かけご飯」か「玉子かけご飯」か。それとも「TKG」?
●もっともシンプルな漢字、「丨」(こん)の意味とは?
●人名用漢字の追加はどのように決定されている?
■ 関連書籍