1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > 秘伝「書く」技術

書籍情報

ネット書店で購入する
【ウェブ立ち読み】


担当者ブログ
読者の声 受付

秘伝「書く」技術

夢枕獏・著

定価 ¥1,100(本体)+税
発売日 2015年1月26日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7293-0 C0090
判型 四六判
ページ数 176ページ
ジャンル エッセイ/その他  知トレ 
概要
『陰陽師』『神々の山嶺』『大江戸恐龍伝』……。

作家・夢枕獏は、何をひらめき、どのように材料を集め、
整理し、小説を書き上げているのか?

ベストセラー作家であり続ける著者が、
すべての創作に役立つ実践的技術を初公開。

目次
第一章 創作の現場 一つの小説ができるまで
第二章 創作の技術 面白い物語をつくるポイント
第三章 創作の継続 どうやれば続けられるか
著者プロフィール
夢枕獏(ゆめまくら・ばく)
小説家。1951年、神奈川県生まれ。東海大学文学部日本文学科卒業。77年、作家デビュー。「キマイラ」「サイコダイバー」「陰陽師」などのシリーズ作品で人気を集める。89年、『上弦の月を喰べる獅子』(ハヤカワ文庫)で日本SF大賞、98年、『神々の山嶺』(集英社文庫)で柴田錬三郎賞、2011年『大江戸釣客伝』(講談社文庫)で泉鏡花文学賞、舟橋聖一文学賞、吉川英治文学賞(2012年)などを受賞。
著者コメント
ぼくはこれまで、小説はご存じの通りたくさん書いてきたけれども、小説を書く方法論を書いたり語ったりしたことは一度もなかったのです。この本は、初めてぼくが、自分の小説の書き方についてお話しする本です。
作家になって37年、これまでに300冊くらいの本を出してきました。この本でお話しするのは、ぼくがこうしてきました、というあくまでぼく個人の経験にすぎないのだけれど、これだけ長く作家を続けてこられたことを考えると、ぼくの「書く」技術には、ものを書く人、あるいは創作に携わる人にとって役に立つヒントのようなものが、多少は含まれているのではないかと──。そういうものをくみ取っていただけたら嬉しいです。(本書「はじめに」より) 
関連リンク
夢枕獏公式HP 蓬莱宮
■ 関連書籍