1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > どうしようもないのに、好き

書籍情報

ネット書店で購入する
【ウェブ立ち読み】


担当者ブログ
読者の声 受付

イタリア 15の恋愛物語
どうしようもないのに、好き

内田洋子・著

定価 ¥1,300(本体)+税
発売日 2014年9月26日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7278-7
判型 四六判
ページ数 256ページ
ジャンル エッセイ/その他   
在庫状況 在庫あり
概要
秘められた恋、夢のような時、報われない愛。
イタリアには、恋愛のすべてがあった。


内田洋子、初の恋愛エッセイ集。


明るく、情熱的に、人生を謳歌する人たちの国。
そんなステレオタイプのイメージでは決して捉えきれない、現実のイタリア人の恋愛。

秘められた恋、夢のような時、報われない愛……。
イタリアには、恋愛のあらゆる形があった。
けれども、その本質は誰もが覚えのある普遍的な感情である。

この国に長らく暮らしてきたからこそ見ることのできたさまざまな恋愛模様と、
そこから浮かび上がる、人間の純粋さと狡さ、滑稽と哀しみ。
イタリア式恋愛術。

『ジーノの家 イタリア10景』で数々のエッセイ賞に輝く内田洋子が、
初めて恋愛をテーマに綴った心にしみるエッセイ集。
目次
1. 白い花に気をつけて
2. 腹ふくるる思い
3. どうしようもないのに、好き
4. 目は口ほどに
5. 冷たい鉄
6. いにしえの薔薇
7. 結局、逃れられない
8. 守りたいもの
9. 海と姉妹
10. 甘えて、すがって
11. 世間を知らない
12. 赤い糸
13. 絵に描いたような幸せ
14. この世で一番美しい
15. シャンパンの泡
著者プロフィール
内田洋子(うちだ・ようこ)
1959年、神戸市生まれ。東京外国語大学イタリア語学科卒業。通信社・著作権代理業であるUNO Associates Inc.代表。2011年、『ジーノの家 イタリア10景』(文藝春秋)で日本エッセイスト・クラブ賞と講談社エッセイ賞を受賞。著書に『破産しない国イタリア』(平凡社)、『ジャーナリズムとしてのパパラッチ』(光文社)、『ミラノの太陽、シチリアの月』(小学館)、『カテリーナの旅支度 イタリア二十の追想』(集英社)、『イタリアの引き出し』(阪急コミュニケーションズ)、『皿の中に、イタリア』(講談社)など、翻訳書にジャンニ・ロダーリ『パパの電話を待ちながら』(講談社)などがある。
関連リンク
イタリアのしっぽ(集英社 文芸単行本公式サイトRENZABURO)
イタリアの引き出し(フィガロ・ジャポン オフィシャルサイト)
■ 関連書籍