1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > 犬と、走る

書籍情報

ネット書店で購入する
【ウェブ立ち読み】


担当者ブログ
読者の声 受付

犬と、走る

本多有香・著

定価 ¥1,800(本体)+税
発売日 2014年4月25日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7272-5
判型 四六判
ページ数 272ページ
ジャンル ノンフィクション   
概要
これぞ、オンリーワンの生き方!

私は犬ぞり師になるため、海を渡った。
水も電気もないキャビンに一人住んでいるけれど、
犬たちという大家族がいる。


旅先で見た犬ぞりレースに惚れこみ、予備知識もないままカナダに飛んで15年。
ハードな修行生活を経て、4度目の挑戦で「世界一タフな犬ぞりレース」ユーコンクエストを完走する。これは、カナダ・アラスカ間1000マイル(1600キロ)を横断するもので、完走は日本人女性として初めての快挙だった。
今は水も電気もないカナダの田舎に、自ら建てたキャビンで犬たちと暮らす。

犬ぞり師、本多有香。
波瀾万丈の半生は、読む人みなを勇気づけてくれる。
目次
プロローグ ただいま26匹
第1章  イーハトーブからの旅立ち
第2章  「ドッグハンドラー」になった
第3章  「ユーコンクエスト」の衝撃
第4章  おんぼろ自転車で雪のアラスカへ
第5章  過酷なハンドラー修業
第6章  理想と現実
第7章  浮浪者たちとの教会ディナー
第8章  「セーラムラン」を完走する
第9章  永住権ほしさの結婚騒動
第10章 猛吹雪のクエスト初挑戦顚末
第11章 再挑戦で起きた取り返しのつかない出来事
第12章 癒されたオーストラリア出稼ぎ旅
第13章 クエスト復帰を決意
第14章 私がリーダーで這って登ったイーグルサミット
第15章 念願のカナダ永住権取得と犬舎
第16章 ついにクエスト1600キロを完走する
エピローグ 再びスプルースの林の中で
著者プロフィール
本多有香(ほんだ・ゆか)
1972年、新潟県生まれ。岩手大学農学部卒。94年、大学時代にオーロラを見にいったカナダで犬ぞりと出会う。一旦就職するが、98年、犬ぞり師(マッシャー)になるため単身カナダに渡る。グラント・ベックに師事。2002年、長距離マッシャーを目指し、アラスカまで自転車で走る。レイミー・ブルックスに師事。06年、07年、09年とユーコンクエストに挑戦。2010年カナダ永住権を獲得。12年、日本人女性としては初めて、ユーコンクエスト1000マイル(1600キロ)を完走する。現在、カナダ・ホワイトホース郊外に26匹の犬と共に暮らす。
推薦コメント
森 達也
本多有香の奇天烈さは筋金入り。取材対象ではなく自分自身。そしてその個性が半端じゃない。

茂木健一郎
著者の無謀な冒険精神と、「ビールが大好き」といった人間性に、とても魅力を感じていた。
関連リンク
地平線会議のウェブサイト
■ 関連書籍