1. ホーム >
  2. 自社書籍一覧 > 宗教はなぜ必要なのか

書籍情報

ネット書店で購入する
【ウェブ立ち読み】


担当者ブログ
読者の声 受付

宗教はなぜ必要なのか

島田裕巳・著

定価 ¥1,000(本体)+税
発売日 2012年12月14日
発行 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN 978-4-7976-7242-8 C0014
判型 四六判
ページ数 176ページ
ジャンル 哲学/宗教  知トレ 
在庫状況 在庫あり
概要
世界で宗教が必要とされてきた5つの理由。

世界の多くの人たちが、人間が生活していく上で宗教は必要なものだと考えている。その根源的な理由を具体的な宗教を例にわかりやすく解説。今の私たちにも宗教が必要かどうかを考えていく。

死はすべての終わりではないのか?
教祖は本物なのか?
信仰しさえすれば豊かになれる? 
共同体のモラルとは?
神は常に意識されるものか? 
目次
第一章 人は死ぬから宗教を求める
第二章 宗教体験の魅力は大きい
第三章 ご利益もなくてはいけない
第四章 宗教がなければモラルもない
第五章 神が究極の親であるならば
著者プロフィール
島田裕巳(しまだ・ひろみ)
1953年、東京都生まれ。宗教学者、作家。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術センター特任研究員などを歴任。『葬式は、要らない』『浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか』(共に幻冬舎新書)、『創価学会』『世界の宗教がざっくりわかる』(共に新潮新書)、『オウム真理教事件Ⅰ・Ⅱ』(トランスビュー)、『小説日蓮 上・下』(東京書籍)など著作多数。
関連リンク
島田裕巳の「経堂日記」
■ 関連書籍